コカ・コーラ ファンタ 情熱のオレンジ

下の子がコンビニで買ってきました。
ファンタの「情熱のオレンジ」です。

ブラッドオレンジのフルーティーな香りとほろ苦い味わいだそうです。

早速、下の子と飲んでみましたが、酸味が強いブラッドオレンジの味です。
無果汁でこの味が出せるのはある意味凄いです。

爽快感もあって、まずまず好印象です。
下の子にも好評でした。

日清 カップヌードル ビッグ 帰ってきた謎肉祭W

最近、動画視聴にハマっている下の子。
ヒカキンの大ファンのようです。

先日、ヒカキンの動画で見た、カップヌードルの「帰ってきた謎肉祭W」を見つけて、買ってきてくれました。

なんでも、昨年発売されたものの、あっという間に売り切れてしまったんだそうです。
そう聞くと、食べてみたくなりますね。

早速食べてみましたが、カップヌードルでおなじみの肉に加えて、白い肉も入っています。
結構、沢山です。

まあ、普通のビッグサイズのカップヌードルに、肉を増やした感じです。
豚肉ベースの謎肉と鶏肉ベースの白い謎肉なんだそうです。

最近、カップヌードルを食べていないので記憶があいまいですが、前に食べたカップヌードルの面よりも薄くてツルッとした感じがしました。

まあ、おいしかったです。

クリプトン KX-0.5(Point Five)

クリプトンから小型の密閉スピーカーが発売されました。
KX-0.5です。

クリプトン ブックシェルフ型スピーカー KX-0.5

廉価版と言われていますが、アルニコライクフェライト新磁気回路採用で、価格はペアで185,000円。

結構高いですね。

194×352×295mmと、使いやすい大きさなのは良さそうです。

ただ、気軽にリビングなどで使うにはちょっと高いので、用途が難しそうですね。

シャープ 水なし自動調理鍋「ヘルシオ ホットクック KN-HW24C」

シャープの水なし自動調理鍋。

とても高いんですけど、とても気になります。

食材と調味料を入れるだけで、「無水調理」を自動で行なう調理鍋だそうです。
説明文を読むと、
レシピに従って材料を入れ、メニュー番号を選択したら、後は放っておくだけで料理が完成する。
予約機能も備えているため、外出前に予約して、帰宅時間に仕上げることも可能となっている。
本体を無線LANで接続すると、必要な食材や調味料から下準備の手順まで本体画面に文字で表示し、音声でも案内するため、同梱のクックブックを見なくても調理の準備ができるようになった。
だそうです。

本格的な料理が、材料を入れるだけで作れるんなら、まあ、少しくらい高くてもいいのかもしれません。

でも、やっぱり高いですね。
もう少し安くなるのを期待しています。

SONY 4Kプロジェクタ VPL-VW245

ソニーから新しいプロジェクター「VPL-VW745」が出ましたが、こちらは170万円とちょっと高すぎです。
同時に出た、「VPL-VW245」の方が手が届きそうです。

ソニー 4K/HDR対応ホームシアタープロジェクター (ブラック) VPL-VW245 B

こちらは55万円。安くはないですが、こちらなら何とかなりそうです。
0.74型/4,096×2,160ドットの4K SXRDパネルを搭載、HDR信号にも対応しているようです。

真面目に買ってしまおうかと思いましたが、4K/60pの4:2:2 10bit HDRに対応していないので、とどまりました。
Playstation 4 proがメインのソースになりそうなので対応してほしいのです。

対応していて、この価格なら買ってしまうと思います。