エーワイ電子のアナログ電源を導入した

先日、Soundgenic HDL-RA3HGを買ってから色々試行錯誤をしていますが、最後にSoundgenicのACアダプタをエーワイ電子のアナログ電源に交換してみました。

エルサウンドの「オーディオ機器高音質化アナログ電源 Improved(APS-g-improved)」っていうんだそうです。

オーディオ機器高音質化アナログ電源 Improved

Soundgenicの仕様にあわせて、DC12V3A、DCプラグをEIAJ4に変更してもらいました。
色はシルバー。
TEACのNT-505はブラックを買いましたが、何となくシルバーの方がかっこよかったような気がして、ちょっと後悔しているのです。
発注してから大体、1週間くらいで届きました。

早速箱から出してみましたが、重さにびっくり。
この重さには、期待が高まります。
しっかりとした精度の高い作りで、所有欲も満たされます。

オーディオルームでしっかりと聴き比べしようと思いましたが、アナログ電源に変えて音を出して細かい聴き比べはやめました。
全然違います。
Petit Susieを使いすぎてつまらなくなってしまっていましたが、音楽の生気が蘇りました。
ノイズレベルも更に下がって、生々しさも更にアップ。
音がストレスなく出て、聴いていてとても気持ちがいいです。

ちなみに、オーディオルーム以外の機器で聴いても、ストレスなく音が出る感じはあります。
理由はよく分かりませんが、聴いていて気持ちがいいです。

TEACのNT-505を買って、Soundgenicを買って、色々試行錯誤をしていましたが、このアナログ電源の追加が、一番効果が大きかったです。
家中のACアダプタをすべてこれに変えたいところですが、それは流石にやりすぎですね。