引越業者に連絡する

引渡し日が決まったので、フレッツの移転手続きに続いて引越業者に連絡しました。
仮住いへの引越は、アート引越センターへ依頼したのですが、戻りはゴールデンウィークになりそうだったので、アート引越センターに決める時に帰りの運送料も確約を取っていたのです。
ゴールデンウィークはかなり高くなりそうですからね。

とは言っても、戻り日は、4/29に仮置きしていたのですが、実際には5月の頭になりそうなので、変更の電話です。
ゴールデンウィークの頭だったので、高くなってしまうのを覚悟の上で連絡したのですが、何と、10,000円、安くなりました。
素晴らしいです。

物が増えていないので、下見もなし。楽でいいですね。

今度の戻りの引越時には、壊れかけているダイニングテーブルと椅子、すり減ってきたカーペット数枚、かなりヘタっているマットレス4枚を捨てていくので、かなり少なくなる予定です。
まあ、除湿機と空気清浄機は増えていますが。

仮住いへの引越はかなり時間がかかってしまいましたが、戻りは広い場所への引越なので、早く終わることを期待しています。

フレッツ光の移転手続きをする

住宅の引渡し日が決まりました。
来月末になるそうです。

引渡し日が決まったら、色々とやることがあります。

まず行ったのが、フレッツ光の移転。

https://flets.com/first/move/iten.html?link_id=rn_sup02

インターネットでも簡単に出来るのですが、今回はプランを買えたり、オプションを付けたりとちょっと複雑だったので、電話しました。
結局、電話でも20分以上かかったので、インターネットでは無理だったと思います。

今は、仮住いのマンションなので、フレッツ 光ネクスト マンション・ハイスピードタイプ。
今度は戸建てに引越すのですが、切角なので、フレッツ 光ネクスト ギガラインタイプに変更です。

電話すると、当たり前のように無線LAN付きのフレッツ 光ネクスト ギガファミリーにされそうになるので注意です。
今度の家は全室に有線LAN端子をつけるし、無線LANを使いたい場所には今使っている無線LANルータを使うので、不要なのです。
これだけで月間300円違うので、大きいですね。

それにしても、今、マンション・ハイスピードタイプを使っているんですから、まずは戸建てのハイスピードタイプへの変更が基本ではないでしょうか。
NTT、ちょっと強引な気がします。

他にはマンションでは使えなかったフレッツテレビを復活させる予定です。
新しい家にはアンテナは立てたくないので。

本当はとりあえず、引渡し日に工事をしてもらって、引越し日に切り替えてもらいたかったのですが、それは出来ないようです。
結局、引越し日に工事も切り替えも行うことになりました。

引越し日、ちょっと大変ですね。
まあ、色々なセールスも受けましたが、無事に申し込みが終りました。