Panasonic DMR-UBZ2060

パナソニックから出た新しいブルーレイレコーダー。
デザインを見てびっくりしました。

今までの精悍な黒くて薄型の筐体がこんなに変わるなんて。

初めて見た時には高級感が更に失われてどうなの?と思いましたが、このくらいの厚みがあってもいいし、横に外付けのハードディスクも置けるし、悪くないんじゃないでしょうか。
UHD BD対応で、3チューナーに2TB HDDを搭載。
なかなかいい感じです。

これで、4Kそのまま録画と4Kチューナーを内蔵していたら完璧なんですけどね。

Panasonic CS-WX569C2

パナソニックから新しいエアコンが発表されました。
うちではリモコンが共通で使えるので、エアコンはパナソニックに統一しています。

最近、リビングのエアコンがパワー不足なので、物色しているのです。

今回出たのは、2019年モデルのCS-WX569C2。

Panasonic CS-WX569C2-W

今回の「Eolia(エオリア) WXシリーズ」、なんとウェザーニューズと連携して気象情報を取得し、それまでの運転により蓄積された住宅環境データと合わせてAIによる先読の空気清浄機能がついていたり、外出時のつけっぱなし時の電気代判定機能を搭載したりと、なんだかすごいのです。

「今から何分間外出するのか」をスマホアプリに入力するだけで、外出時にエアコンを切るべきか、つけっぱなしにするべきかを自動判定するんだそうです。

どのくらい使うか分かりませんが、とても欲しいです。
ちょっと高いのが辛いところです。。。

パイオニア Ultra HD Blu-ray対応ユニバーサルプレーヤー UDP-LX800

パイオニアからUltra HD Blu-ray対応のユニバーサルプレーヤーが発売されるようです。
型番はUDP-LX800。

Pioneer UDP-LX800

価格は35万円くらい。
Ultra HD Blu-ray再生のほかに、SACD/CDやDVDオーディオも再生できるようです。

DACチップはESS「ES9026PRO」を2基搭載したちょっと贅沢なプレーヤーです。

今ではBlu-rayレコーダーでもUltra HD Blu-rayが再生できるものが出ているので、単体のプレーヤーを買うのはとても贅沢だと思いますが、拘る人は買うんでしょうね。

個人的にはとても欲しいですが、優先順位を考えると、買うのは難しそうです。

こういうこだわりの製品、どんどん出てきてほしいです。

サンコー 掃除機ゴミ箱「クリーナーボックス」

ゴミ箱前にゴミを集めれば自動吸引してくれる
フタは手をかざすだけで自動開閉する

面白いものを見つけました。
サンコーのクリーナーボックス」です。価格は14,800円だそうです。

ゴミ箱としては、フタに手をかざすだけで自動開閉する機能が付いています。
手が汚れないで便利ですね。

このゴミ箱のすごいところは、ゴミ箱の前にゴミを集めると、自動で吸引してくれるところです。
なんだか不思議なゴミ箱で得すね。
ゴミ箱の前に集める必要があるのは面倒ですが、まあ、面白いですね。

一度動いているところを見てみたいです。

Panasonic FAX電話機「おたっくす KX-PD315DL」

家では白物家電は基本的にパナソニックに統一しています。
そんなにこだわりが無いので、選択肢を絞るためです。
シーリングライトやエアコンは、同じリモコンが使えて便利ですし。

FAX電話機もパナソニックのものを使っています。
ドアホンとも兼用できてとても便利です。

そんなパナソニックからFAX電話機の新製品が出るようです。
10月18日発売の「おたっくす KX-PD315DL」です。

ネーミングはともかく、パナソニックの電話は使いやすいような気がします。慣れてるだけかもしれませんが。

この電話機、通話が10分間録音されるようです。
電話のたびに上書きされるようですが、SDカードを付けて時間や件数が増やせるようです。

まだ問題なく使えているので、すぐに買い換えることはないと思いますが、次もパナソニックにする予定です。