TEAC NT-505 Bluetoothの音

先日買ったTEACのネットワークオーディオプレーヤー、NT-505。

そういえばBluetoothも使えることを思い出して聴いてみました。
これがびっくり。
Bluetoothがこんなにいい音だとは思いませんでした。

もちろん、真剣に聴くと、細かいところで気がつくところはありますが、そもそもそんなに音が良くないYoutubeやPrimeMusicを聴くレベルなら全く問題ありません。
そうなると、オーディオルームにおいてあるChromecast Audioはなくてもいいのではないかと思います。
まあ、どちらがいいかは微妙ですが。

新しい発見でした。

八光電機製作所 8極8芯のEMCノイズフィルタ DMJ-100BTで更にあがく

先日、バッファローのハブを入れて、ネットワークオーディオのグレードが上がったことに気を良くして、

バッファロー BS-GSL2005

もう少しあがくことにしました。
今度はLANフィルタ。
LAN経由のノイズは大きいので、こちらのノイズを断ちます。
買ったのは八光電機製作所の「DMJ-100BT」。

ちゃちな感じなのに結構高いですね。
TEACのNT-505にノイズが入ってこなければ良いので、NT-505の直前に入れたら、何と、蒸留水のような、とてもつまらない音楽になりました。
ということで、オーディオルームの入り口、バッファローのハブの前というか、オーディオルームのLAN端子のあとに入れてみました。

これは結構いい感じです。
ノイズレベル(はっきりとしたノイズではなく、ザワザワしたような感じ)が下がり、かなり良くなりました。
更にベールもはがれた感じです。
これなら、マークレビンソンのNo512ほどではありませんが、音楽をじっくりと楽しめそうです。

本当は音楽の通るラインにLANフィルタを入れたくないので、NASをオーディオルームに持ってきたいところですが、今のNASだとちょっと嫌ですね。
これは今後の課題です。

ZOJIRUSHI NW-KB18-BZ

ちょっと気になる製品。
象印の圧力IH炊飯ジャー、NW-KB18-BZです。

NW-KB18-BZ 象印 圧力IH炊飯ジャー(1升炊き) 黒漆 ZOJIRUSHI 炎舞炊き

1升炊きがあるのがいいですね。
家では前は1升炊きを使っていて、買い替えのときに5合炊きに妥協したのですが、時々足りなくなります。

さて、このNW-KB18-BZですが、12万円くらいする高級モデルです。
説明文を見ると、搭載している「炎舞炊き」、3個搭載するIHヒーターを「ローテーションIH構造」により独立制御し、かまど炊きの激しい炎の「ゆらぎ」を再現した点が特徴だそうです。
すごそうですね。

是非、買い替えたいところですが、まだ使えているし、流石に高すぎです。