ノートパソコンスタンドを買った

上の子、リビングでノートパソコンを持ち歩いて使っています。
先日、大きめのダイニングキッチンで勉強をしていたのですが、そのときにノートパソコンの下に大きめのダンボールを敷いて高くして使っていました。

せっかくなので、ノートパソコンスタンドを買ってみました。
ノートパソコンの下に敷いたり、本を読むときに使ったりできそうで、案外色々な用途で使えそうだったので。

買ったのはレビューの内容が良かった佐藤ショップのノートパソコンスタンド。

変なキャラクターを使ったり、ちょっと尖ったショップですが、ものは良さそうな感じです。

このスタンド、思ったよりも重くてしっかりしています。
グラつきも少ないし、なかなかいいんじゃないでしょうか。

このスタンド、スマホスタンドが2つ、おまけで付いてきますが、こちらもスマホスタンドとは思えないくらい重くてしっかりとしたスタンド。
なかなかいい感じだと思います。

変わった店でしたが、売っているものはちゃんとしている感じです。
とりあえず、スタンド選びは間違っていなかったようです。

USBハブを買った

先日、リビングにモバイルモニタを買ったので

ノートパソコンは机の上には出していないのですが、キーボードやマウスはノートパソコンにつないでいます。
ただ、それ以外のUSB機器についてはモニタから繋ぐ必要があります。

今まではUSB-DACしかつないでいなかったので、

大丈夫だったのですが、他の機器を繋げられないので、激安のハブを買いました。

激安ですが、中国メーカーのものではなく、iBUFFALOのUSBハブ、BSH4U25BKです。

USB2.0のハブだとこんなに安く買えるんですね。
もっとも、USB2.0なので、マウスやキーボード、プリンタ、それからオーディオインターフェースくらいしか使えないかもしれませんが、つなぎたいものってこのくらいでしょうか。
あとは、USBの加湿器とかスピードに関係ないものも大丈夫ですね。
ただ、使用用途が決まっていないようなら、USB3に対応したハブのほうが安全だと思います。

ポートが増えたので急に何かをつなぎたくなっても安心ですね。

メインで使っているキーボードを掃除した

家のメインのパソコンで使っているキーボードは、東プレのREALFORCE 91Uです。

打ち心地が抜群で、スコスコとした打鍵感は、静電容量無接点方式でしか味わえません。
うちにはいろいろなキーボードがありますが、打鍵スピードも全然違います。

絶大な信頼をおいているキーボードですが、買ったのは2010年の10月なので買ってから10年以上経っています。
そういえば一度も分解清掃をしていなかったことに気が付き、掃除してみました。

まずはキートップの取り外し。
無理やり抜くと傷が付きそうなので、フィルコのFILCO KeyPuller「FKP01」を使って地道に引き抜きました。

キートップについては食器洗い用の洗剤を垂らした水に付けて3時間くらい。
ピカピカになりました。

本体は、若干サビが出ていたのですが、ホコリを吸った後、アルコールを付けた綿棒でひたすら掃除、最後にアルコールのウェットティッシュで拭き上げました。
まあ、思っていたよりは汚れていなかったです。
ほぼ専用ルームなので、汚れがあまりつかなかったんでしょうね。

エレコムのクリーニングブラシ、KBR-014BUを使いましたが、こちらもなかなか使いやすいブラシでした。

キーボードの背面の爪を押すと簡単にキーボードは分解できるのですが、下の方は汚れていなかったので、ゴミを少し取っただけ。

上面のケースはウェットティッシュで磨き上げました。

キートップを数時間乾かして装着しようとしましたが、キーの真ん中が乾かなかったので断念。
掃除自体は日曜日に行ったのですが、装着できたのは昨日の夜になりました。
装着は下の子に任せましたが、最近、キー配列を完璧に覚えている下の子、あっという間に装着できました。

これで完成。
とてもきれいになりました。

ただ、サビはどうしようも無く、もう少し頻繁に掃除をしなければいけなかったと反省しています。

それにしてもREALFORCEのメンテナンスのしやすさ、とてもびっくりしました。
キートップを抜く機器は使いましたが、それ以外は掃除機とブラシしか使っていません。
あとは台所洗剤でしょうか。

こういうメンテナンスのし易さも人気の理由のひとつなんでしょう。
メインのPCのキーボードを買い換えるときは、またREALFORCEにしてしまうかもしれません。