驚愕のChromecast Audio

Chromecast Audio。

Chromecast Audio


じっくりと聴いてみました。
家のNASのデータを聴くのに使ったアプリは「Hifi cast」。
他のアプリは有料だったり、宣伝がど真ん中に出たりと、使う気にならなかったのですが、Hifi castは宣伝も控えめで使いやすいです。
もちろん、Chromecastのにも対応しています。
Amazon Musicの方は、もちろん、Amazon Musicアプリ。Chromecast Audioに対応したのは最近のようです。

聴き比べの対象は、オーディオルームのプレーヤー、MarklevinsonのNo512です。
Chromecast AudioはSUPRAの光ケーブルで少し前のDAC、CECのDA53に繋ぎました。
No512はStealthのIndraでプリアンプに直結です。電源ケーブルはStealthのDream Digital。

ソースは最近気に入ってハードに聴いているウィーン弦楽ゾリステンの「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」と、声を比較したいときに昔から使っているMariah Careyの「Music Box」です。

Chromecast Audioにはあまり期待していなかったのですが、びっくり。
パッと聴いた感じでは、プレーヤーで聴いたのと違いが分からないくらいです。
技術の進歩はすごいですね。

もちろん、じっくりと聴けば、空間表現も音のリアルさもプレーヤーのほうが上ですが、価格差を考えれば差は小さいと思います。
操作が簡単だったり、メディアの入れ替えが不要だったりといったメリットを考えると、Chromecast Audioで聴くというのも有りかもしれません。

これだけの音を聴いてしまうと、ハイエンドのDACにつないでみたくなってきます。
もしかしたら、No512よりも良い音を聴かせてくれるかもしれません。

少なくとも、10~20万円くらいのネットワークオーディオプレーヤーは買う意味がないでしょう。
きっと、Chromecast Audioのほうが音が良いし、Chromecast AudioならAmazon Musicも聴けます。

ちなみに、Amazon Musicを聴いたときの音ですが、NASに入っている音源ほどではありませんが、十分良い音で聴くことができました。
素晴らしいですね。

SAEC SUPRA ZAC-MIN-TOS1.0 

Chromecastをオーディオに繋ぐのには、ラインケーブルでプリアンプに直結する方法と光デジタルケーブルでDAC経由でプリアンプに接続する方法があります。

Chromecast Audio

ラインケーブルなら家にストックがあったのですが、さすがに音が悪いので、デジタルケーブルを買いました。
Chromecast側は光ミニ端子なのですが、光ミニ端子ー角型のケーブルは数が少ないので、選択肢があまりありません。

結局、Chromecastを買った際に一緒に買ったケーブルがこれ。

SUPRAのZAC-MIN-TOS1.0です。
24bit/192kHzに対応した高品質な光ケーブルだそうです。

結構しっかりとしたケーブルで、安心感があります。
比較対象のケーブルが無いので、音質は分かりませんが。

まあ、問題なく繋げたので、良かったと思っています。

Chromecast Audioを買う

オーディオルームでは、NASに入っている音楽を聴けませんでした。
CDからリッピングしたものはCDを聴けばいいんですが、音源を買ったものだとそうもいきません。

ネットワークオーディオプレーヤーの購入を考えていたのですが、満足のいくものだと最低でも10万円くらい。
購入を躊躇していたのですが、Amazon Musicも聴けるようになると、さすがにオーディオルームで聴きたくなってきました。

Amazon Musicを聴くには、先日買ったスマートスピーカーから出すか、スマホのイヤホンか、パソコンのスピーカーから出すしかなかったので。

そこでいろいろ物色した結果買ったのがこれ。
Chromecast Audioです。

Chromecast Audio

音楽専用で、スクリーンを降ろさなくても聴けるのがいいですね。

早速、セットアップしてみましたが、簡単。
接続して、Google Homeの指示に従って簡単に設定できました。

ただ、平日なので、とりあえず音が出るところまで。
週末にちゃんと聴き比べてみます。

LinkJapan eRemote mini

オーディオルームでは、とても古いマランツの学習リモコンRC1200を使っています。
さすがに古いのでかえたいのですが、代わりが無いのです。
アンプやプロジェクターが操作できるようなフレキシブルなリモコンがないので。

とうことで普通の学習リモコンは諦めていたのですが、スマートリモコンがあることに気が付きました。

いろいろ調べて、今の所目をつけているのがこれ。
LinkJapanのeRemote miniです。

スマホのアプリで操作するので、自在にボタンを配置できます。
これなら、プリアンプやプレーヤー、スクリーンにプロジェクターと、1台のスマホで操作できそうです。

もう少し検討してからですが、買う気満々です。

Kobo Forma

この前買った、Kobo Clara。
軽くて読みやすくてとても気に入っています。
平日は毎日使っていますが、買ったときに充電したあとは、一度も充電していません。これだけ電池が持つといいですね。

そんなKoboに最上位モデルが出たようです。
Kobo Formaです。

Kobo Forma 32GB

Koboとしては初めて「ページめくりボタン」を搭載したようです。
これ、どのくらい便利なのか分かりませんが、Kindleを使っている人は便利だと言っているので、きっと便利なんでしょう。
最上位モデルで197gというのも軽くていいですね。

このモデル、最上位モデルだけのことはあって、32GBのメモリを搭載しています。
こんなに必要かどうかは分かりませんが、多くて困ることもないので、いいですね。
少なくとも、メモリ容量を気にしないでどんどんダウンロードできそうです。