ファミマの焼きとり

最近、コンビニ各社で焼き鳥を売りにしている感じがします。
お盆休みの昼ごはんに、ファミリーマートの焼き鳥を食べてみました。

ファミリーマートは、「ファミマの焼きとり」として売り出しています。
買ってみたのは炭火焼きとりかわタレ、炭火焼きとりもも塩、炭火焼きとりももタレの3種。
どれも1本税込みで128円です。

ファミマの焼きとり、1本が大きいので、かなり安く感じます。

早速食べてみましたが、炭火焼きとりもも塩、ももタレは、子どもたちにも大好評。
かなり気に入ったようです。かわタレも美味しかったのですが、焼き鳥専門店のようなパリッとした食感がなかったのが残念でした。

思ったよりも安くて美味しかったので、他のコンビニとも比べてみたくなってきました。

美女と野獣 Blu-ray

かなり前に買った「美女と野獣」。

忙しくて全然観ることができなかったのですが、お盆休みでようやく観ることができました。
下の子も少し怖がっていましたが、最終的には楽しく観ることができたようです。

長期の休みのときには、溜まっている映画を観るのもいいですね。

実は、スターウォーズも2本、観れてないのがあるので、こちらも頑張って観ないといけません。

Kenko パワーブロワー ショートノズルタイプ KPB2-SN

今回、SSDを増設する際に、パソコンの中を簡単に掃除しました。
パソコン内部の掃除といえばエアダスターなのですが、ホコリが舞うしガスの匂いがするし、可燃性で火事にないそうなので、地下室では使いたくありません。
このため、風力はめちゃくちゃお取りますが、パワーブロワーを買いました。

買ったのはkenkoのKPB2-SN。

全く期待していませんでしたが、使ってみると結構使えました。
内部のホコリもそれなりに取れて、パソコンのもちも良くなりそうです。

Crucial SSD CT500MX500SSD1/JP

最近、パソコンの調子が悪いし、買ってから6年以上経つので、そろそろ買い替えどきかと思うのですが、Coffee Lake-S Refreshが10月まで出なさそうだし、少し延命する方向を考えています。

どうせ延命するのなら、2020年頭くらいと言われているIce Lakeまで。ちょっと無理でしょうか。

まずは、起動に時間がかかるようになったので、SSDの導入から。
とりあえず、Windowsはどうでも良いので、Linux用にCrucialのMX500シリーズを買いました。

一番の理由は5年保証がついているところ。いつ壊れるか分からないので。
容量は500GB。現在、ルートパーティションは140GBくらいしか使っていないので、swapパーティションを考えても余裕だと思います。

うちでは、データについては何重にもバックアップをとっていますが、OSについては入れなおせばいいので、シングルでバックアップは取らない方針なので、1台だけ買えばいいのが楽でいいです。

早速、増設して、Linuxをインストールしてみました。

さすがにアクセスは早くなりましたが、もともとLinuxmintは軽いので、劇的に変わった感じはしません。
まあ、データが遅いeSATA接続のRAID1なのでしょうがないですね。

でも、ついでにLinuxmintのバージョンアップも出来たし、綺麗にインストールできたし、良いことにします。

メインのパソコンが不調

昨日の朝、メインのパソコンの電源を入れたところ、BIOSの画面が出ず、いつまでたってもそのまま。
何度か電源を入れ直して見ましたが変わらず。

Coffee Lake-S Refreshがもう発表されるかというこの段階で、新しいパソコンを買わなければならないかと思いましたが、電源ケーブルを抜いて、電源ボタンを押し帯電している電気を流してみたところ復活。

数日前もそんなことがあったので、そろそろ危ない状況です。

せめてCoffee Lake-S Refreshが出て、少し落ち着くまでもってほしいです。
できれば、Ice Lakeまで。。。