驚愕のChromecast Audio

Chromecast Audio。

Chromecast Audio


じっくりと聴いてみました。
家のNASのデータを聴くのに使ったアプリは「Hifi cast」。
他のアプリは有料だったり、宣伝がど真ん中に出たりと、使う気にならなかったのですが、Hifi castは宣伝も控えめで使いやすいです。
もちろん、Chromecastのにも対応しています。
Amazon Musicの方は、もちろん、Amazon Musicアプリ。Chromecast Audioに対応したのは最近のようです。

聴き比べの対象は、オーディオルームのプレーヤー、MarklevinsonのNo512です。
Chromecast AudioはSUPRAの光ケーブルで少し前のDAC、CECのDA53に繋ぎました。
No512はStealthのIndraでプリアンプに直結です。電源ケーブルはStealthのDream Digital。

ソースは最近気に入ってハードに聴いているウィーン弦楽ゾリステンの「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」と、声を比較したいときに昔から使っているMariah Careyの「Music Box」です。

Chromecast Audioにはあまり期待していなかったのですが、びっくり。
パッと聴いた感じでは、プレーヤーで聴いたのと違いが分からないくらいです。
技術の進歩はすごいですね。

もちろん、じっくりと聴けば、空間表現も音のリアルさもプレーヤーのほうが上ですが、価格差を考えれば差は小さいと思います。
操作が簡単だったり、メディアの入れ替えが不要だったりといったメリットを考えると、Chromecast Audioで聴くというのも有りかもしれません。

これだけの音を聴いてしまうと、ハイエンドのDACにつないでみたくなってきます。
もしかしたら、No512よりも良い音を聴かせてくれるかもしれません。

少なくとも、10~20万円くらいのネットワークオーディオプレーヤーは買う意味がないでしょう。
きっと、Chromecast Audioのほうが音が良いし、Chromecast AudioならAmazon Musicも聴けます。

ちなみに、Amazon Musicを聴いたときの音ですが、NASに入っている音源ほどではありませんが、十分良い音で聴くことができました。
素晴らしいですね。

SAEC SUPRA ZAC-MIN-TOS1.0 

Chromecastをオーディオに繋ぐのには、ラインケーブルでプリアンプに直結する方法と光デジタルケーブルでDAC経由でプリアンプに接続する方法があります。

Chromecast Audio

ラインケーブルなら家にストックがあったのですが、さすがに音が悪いので、デジタルケーブルを買いました。
Chromecast側は光ミニ端子なのですが、光ミニ端子ー角型のケーブルは数が少ないので、選択肢があまりありません。

結局、Chromecastを買った際に一緒に買ったケーブルがこれ。

SUPRAのZAC-MIN-TOS1.0です。
24bit/192kHzに対応した高品質な光ケーブルだそうです。

結構しっかりとしたケーブルで、安心感があります。
比較対象のケーブルが無いので、音質は分かりませんが。

まあ、問題なく繋げたので、良かったと思っています。

Chromecast Audioを買う

オーディオルームでは、NASに入っている音楽を聴けませんでした。
CDからリッピングしたものはCDを聴けばいいんですが、音源を買ったものだとそうもいきません。

ネットワークオーディオプレーヤーの購入を考えていたのですが、満足のいくものだと最低でも10万円くらい。
購入を躊躇していたのですが、Amazon Musicも聴けるようになると、さすがにオーディオルームで聴きたくなってきました。

Amazon Musicを聴くには、先日買ったスマートスピーカーから出すか、スマホのイヤホンか、パソコンのスピーカーから出すしかなかったので。

そこでいろいろ物色した結果買ったのがこれ。
Chromecast Audioです。

Chromecast Audio

音楽専用で、スクリーンを降ろさなくても聴けるのがいいですね。

早速、セットアップしてみましたが、簡単。
接続して、Google Homeの指示に従って簡単に設定できました。

ただ、平日なので、とりあえず音が出るところまで。
週末にちゃんと聴き比べてみます。

音が変わる

パワーアンプの修理が終わり、オーディオルームに設置した時には、プリアンプもパワーアンプもプレーヤーもキンキンに冷えていたので、音の確認まではしなかったのですが、ちゃんと聴いてみてびっくりです。

音像がくっきりとして、聴いていて演奏者の場所が手に取るように分かるようになりました。
ノイズだけではなく、音自体もおかしくなっていたようです。

しばらく音楽を聴き込みたくなりました。

本当はたまにはオーバーホールに出したほうがいいんですよね。
ただ、海外メーカー物は修理やオーバーホールが滅茶苦茶高いので、なかなか出せません。。。

パワーアンプが戻る

修理に出していた、マークレビンソンのNo434L。
ようやく戻ってきました。

音が不安定で、基盤ごと交換。
とても高かったです。

早速、繋いで音を出してみましたが、問題ありませんでした。
まだ冷たいのですが、なかなか良い音がします。

ただ、今度は反対側のチャンネルのアンプが故障しそうでちょっと怖いです。
さすがにすぐに壊れたら、アンプを替えてしまうかもしれません。

まあ、そんなお金はないんですが。。。