日立マクセル「もみケア MXTS-MR200」

背中に貼るタイプの低周波治療機はなかなか気持ちよくて気に入っているのですが、背中や肩に貼った時にスイッチが見えなくてうまく操作できないのが難点でした。

ネットサーフィンをしていたら、操作部が取り外せるタイプの低周波治療器が出ているのを見つけました。
日立マクセルのもみケアです。

日立マクセル 低周波治療器 「もみケア」 MXTS-MR200W1P ホワイト

これなら貼りさえできれば使えますね。
流石に今のものがあるのですぐには買いませんが、次回はこういうのにしてみたいです。

ブラウン 5197cc

ひげ剃りはここ30年くらいずっとブラウンを使っています。

そんなブラウンから新しいひげ剃りが発売されるようです。
型番は5197cc。

少ないストローク数で剃りきることが可能な「4カッティングシステム」に加えて、「人工知能テクノロジー」も付いているようです。
これ、 自動でヒゲの濃さを検知し、出力パワーを自動で調整するんだそうです。

家では、前回、珍しさに負けてクールテックモデルを買ってしまい、ちょっと後悔しているのですが、もう3年を経過したので、そろそろ買い替えてもいいかとも思っています。

これの9シリーズが出てきたら購入を考えます。

アイ・オー・データ機器 AVHD-AUTB4

メディアに残せない録画機器なんて、ちゃんとした録画機器を買うまでのつなぎだと思っていましたが、よく考えてみたらここ1〜2年、メディアに書き込みなんてしていません。

それなら、ハードディスクで良いような気がしてきました。
リビングのテレビにもハードディスクをつないで、録画しています。

アイオーデータの新しいAVHD-AUTB4ですが、

IO DATA AVHD-AUTB4 24時間連続録画用HDD 4TB


これ、4TBで27,700円だそうです。
安くなったものです。

まあ、チューナーがついていないので、ブルーレイレコーダーとは単純に比較できませんが、安いことには変わりません。
24時間の連続録画にも対応しているようです。
そんなことはしませんが、耐久性があるのはいいことですね。

ロートジー スライム型目薬 増産

5月に発売されて、爽快なさし心地が評判で、ドラクエファン以外にも売れたスライム型目薬。

あまりにも好評で8月に増産されるようです。
前回は、あまり真面目に買おうとしなかったこともあり買いませんでしたが、今回は真面目に探して買ってみようかと思っています。

amazonなんかで3,000円近くで売っていますが、こういうのはやめてほしいものです。

SONY 4K有機ELテレビ「BRAVIA A1 KJ-77A1」

とうとうソニーから4K有機ELテレビが出るようです。
77型、3,840×2,160ドットの有機ELパネルを搭載して250万円くらい。
型番は「KJ-77A1」です。

ソニー 77V型 有機ELパネル 地上・BS・110度CSデジタル4K対応テレビ KJ-77A1

HDR対応の高画質プロセッサ「X1 Extreme」、「4K X-Reality Pro」も搭載しているようで、本当のフラッグシップ機ですね。
さすがにこの価格だと買えませんが、数年で一気に安くなると思います。

もっとも、家では、8Kテレビ待ちですが。

どんどん安くなってほしいものです。