SOULNOTE D-2 DSD音源の再生方法

家で使っているDACはソウルノートのD-2。

PCM音源を聴くときには、圧倒的にNOSモードが音が良いので、いつもNOSモードで聴いています。
DSD音源を聴くときにもそのままのモードで聴いていたのですが、DSD音源を聴くときにはNOSモードからSYNCに変更した方が音が良いという情報をいただきましたので試してみました。

NOSモードからSYNCに切り替えるには、一度、プレーヤーとDACとの間の通信を切る必要があります。
試してみたら、プレイリストをクリアすると切れることが分かったので、プレイリストをクリアして変更。
早速聴いてみました。

聴いてみましたが、全然違います。
いままで聴いていたのは何か音が曇っていた感じです。

ただ、モードを切り替えるのは結構面倒です。
これだけの面倒な操作をするだけの価値は、もちろんあると思いますが、それでも面倒です。
次期モデルからは自動で変わるようにしてほしいです。

今までPCM音源のほうが圧倒的に良かったので、D-2はDSD音源の再生は苦手かと思っていたのですが、そんなことは無かったんですね。
今後、音源を買うときに、flacにしようかDSFにしようか迷います。。。

Leave a Comment.